行政書士に相談

一般社団法人など法人設立の相談にのる行政書士

より多くの売上を望むのであれば、個人で事業を行い続けるよりも、信用の得られやすい法人を選びましょう。信用が得られれば、金融機関からの借入がしやすいなどのメリットがあります。
法人には株式会社や合同会社、社団法人やNPO法人などの種類がたくさんあります。この中でどれを選ぶべきかは、素人では判断が難しいものがありますので、専門とする業者に相談しながら設立を目指すことをおすすめします。
最近では、一般社団法人という法人も登場しています。非営利法人として活動することができる他、財団法人よりも条件が厳しくなく、株式会社よりも設立費用がかからないなどのメリットがあります。

この一般社団法人について設立の相談をするなら、行政書士がいる業者を利用するようにします。行政書士とは、国家資格を持った特別な知識のある職業で、公的機関に提出する書類の作成や証明書類の作成、それらの手続きを代行するなどしてくれます。
法人化を目指したいと考えても、最初は何も知識を持たない人が大半です。わからないことを適切にサポートしてくれるのが、行政書士の役目になります。国家資格を持ったお堅い職業だと考えられがちですが、経験に基づいて初心者に対しても親切丁寧に接してくれる行政書士は多くいますので、口コミなどの評判を参考にして、業者選びをするのがよいでしょう。

できれば、法人全般を取り扱う業者よりも、一般社団法人に特化した業者を選んだほうが、スムーズに問題を解決できる可能性が高まります。行政書士も業者のスタッフも、それぞれ得意分野というものがあります。株式会社設立に強いなどの特徴を持っていますので、一般社団法人の場合も得意とする業者に依頼すると、費用を無駄にするリスクを減らすことができます。
専門性の強い業者に依頼したとしても、行政書士は法人に関する広い知識を持っていますから、一般社団法人ではなく、他の適した法人設立をすすめてくれることがあります。

このように、一般の人にはわかりにくい、法人に関する相談を、依頼者の立場に立って親身に聞いてくれる行政書士がいる業者は、とても頼りになる存在といえるでしょう。依頼することによって報酬を支払わなければなりませんが、一般社団法人の設立費用は株式会社の半額以下ですから、依頼しやすい条件が整っているといえます。
一般社団法人はまだ歴史の浅い仕組みですので、できるだけ専門家の意見を聞いて、順調に事業をスタートさせたいところです。”